マサラモア カレー伝導師 中尾真紀子のページ

野菜たっぷりの秘密!「マサラモア」のパキスタン風スパイスカレーとは

1日必要な野菜の半分が入っている、
お子様や家族のためのレトルトカレー
マサラモアの「パキスタン風スパイスカレー」。

今ではインドカレーのようなサラサラしたカレーも一般的になって来ていますが、 まだ知られていないその昔に、友人から教えてもらったキットで作ったパキスタンカレーは小麦粉を使わない、カレー粉も使わない、スパイスをアレンジして作るものでした。トマトをたっぷり入れ鶏肉の旨みを最大に活かしたものでした。
これがカレー?と衝撃を受けました。家で食べるカレーといえば固形ルウで作るものがほとんどで、たまにタイカレーのキットで作ることもありましたが、辛くて小さい子供には不向きのものでした。
このパキスタンカレーは味がマイルドなのと少し珍しいのでご近所の方々に、何かにつけてこのカレーを振舞っていました。そのころ幼稚園のわが子も大好きでした。小食なお子さんで悩まれている方に作り方を伝えて試してもらったところすごく食べたと喜んでもらえました。
トマトと鶏肉の旨みたっぷりのこの味は皆が好きなのだなと確信しました。

今回この味をベースに横浜のカレーとして代表野菜の小松菜とキャベツを入れることを考えました。青臭くならないようにするにはどうしたらいいか・・・。ペーストにして油でじっくり炒めると甘味が凝縮されてとっても美味しくなりました。
鶏ガラからとった旨みのしっかりしたスープで煮込んでいます。
まさに辛さマイルドの旨みカレーです。そのためアレンジ料理にも使えます。(アレンジレシピ参照)

パキスタンカレーには入れない野菜をたくさんいれて、これでもパキスタンカレーといえるのか、疑問に思いパキスタン人カレー店シェフに食べて頂いたところお墨付きをいただきました。
「マサラモア」のカレーには具に大根を使用していますがパキスタンではカレーに入れず、主に生で食べるのだそう。ところがシェフはキーマに大根が合うねと言ってくれました。この言葉に安心し、ネーミングにパキスタン風と付けました。もちろんパキスタンカレーにもさまざまな味があります。
マイルドなカレーの味としてこのような味もあるのだなと感じてください。そして素材の旨みを感じてください。 何よりも気軽に食べられる栄養バランス食です。

[マサラモア]カレー伝導師 中尾真紀子のパキスタン風スパイスカレー
400g(2人分)

  • 名称:野菜と鶏ひき肉のカレー
  • 原材料名:【カレー】野菜 (国産) (玉ねぎ、人参、大根、キャベツ、小松菜、トマト)、トマトのピューレづけ、鶏肉、菜種油、ヨーグルト、香辛料、おろし生姜、おろしにんにく、食塩、鶏ガラ(一部に鶏肉、乳成分を含む)【別添え袋】香辛料
  • 殺菌方法:気密性容器に密封し、加圧加熱殺菌
  • 内容量:400g(2人分)

価格:980円 (税別) →サイト価格920円(税込)

詳細・ご購入はこちらから

カレー伝道師 中尾真紀子のパキスタン風スパイスカレー

[マサラモア]カレー伝導師 中尾真紀子のパキスタン風スパイスカレー
200g(1人分)

  • 名称:野菜と鶏ひき肉のカレー
  • 原材料名:【カレー】野菜 (国産) (玉ねぎ、人参、大根、キャベツ、小松菜、トマト)、トマトのピューレづけ、鶏肉、菜種油、ヨーグルト、香辛料、おろし生姜、おろしにんにく、食塩、鶏ガラ(一部に鶏肉、乳成分を含む)【別添え袋】香辛料
  • 殺菌方法:気密性容器に密封し、加圧加熱殺菌
  • 内容量:200g(1人分)

価格:580円 (税別) →サイト価格550円(税込)

詳細・ご購入はこちらから

カレー伝道師 中尾真紀子のパキスタン風スパイスカレー